海上に設置されている海釣り所を利用する

海上に設置されている海釣り所を利用する 魚は海の中を泳いでいます。海岸沿いを泳いでいることもあれば、沖の方に出ることもあります。魚の気持ちを考えれば、餌がたくさんあるところ、海水が温かいところなどを中心に泳ぐのでしょう。夏になるとどの海水でも温かくなりますが、それ以外の季節だと南の方ほど温かい水になります。また、暖流であれば温かい水が流れているので魚にとっても居心地が良くなります。そうなると海岸線よりも少しでも沖に行ったほうが魚がいる可能性が高くなります。

釣りをするときに、海上に設置されている場所を利用することがあります。わざわざ作られたもので、ポイントまでは橋のような道を通っていきます。そして海の真ん中で糸を垂らすことができるのです。こういったところは有料になっているので、多くの人が楽しめるように工夫がされています。それは魚がいつきやすくなっているのです。捨て石などを置いておくことで魚の隠れ場所、餌の貯まり場所を作ってくれているので、簡単に釣れる場合があります。

場所を利用するお金も必要なのですが、その他に道具なども調達することができます。竿であったり仕掛け、餌、バケツ、釣れた魚を持ち帰る発泡スチロールなども置いてあることがあります。手ぶらでも楽しめるのです。

Copyright (C)2014海上に設置されている海釣り所を利用する.All rights reserved.